WORKS ― Architecture

六本木の庫裡

  • roppongi1b.jpg
  • roppongi2b.jpg
  • roppongi3b.jpg
  • roppongi4b.jpg
  • roppongi5b.jpg
  • roppongi6b.jpg
  • roppongi7b.jpg
  • roppongi8b.jpg
  • roppongi9b.jpg
  • roppongi10b.jpg
  • roppongi11b.jpg
  • roppongi12b.jpg
  • roppongi1s.jpg
  • roppongi2s.jpg
  • roppongi3s.jpg
  • roppongi4s.jpg
  • roppongi5s.jpg
  • roppongi6s.jpg
  • roppongi7s.jpg
  • roppongi8s.jpg
  • roppongi9s.jpg
  • roppongi10s.jpg
  • roppongi11s.jpg
  • roppongi12s.jpg

まほろのオフグリッドハウス

東京都町田市に建つ夫婦2人のための住宅です。電力網に接続せず、太陽光発電パネルによって、電気を自給自足する「オフグリッドハウス」としています。 同じ時期に計画が進んでいた、小高町の家では、キャンプのような屋外生活の延長にある、少し特殊なライフスタイルへの回答として、オフグリッドハウスを選択したのに対し、この成瀬の家では、住宅密集地における、エネルギーと生活の在り方を提案しつつ、ZEHの性能をクリアしたオフグリッドハウス、いわば少し未来の一般解としての住宅の提案が求められました。

東日本大震災をきっかけに、エネルギーと生活の在り方を見直していこうと考えた施主のご夫妻が、岡山にあるオフグリッドハウスの事例を見学したことをきっかけに、プロジェクトがはじまりました。設計者の選定には、9社の設計事務所によるコンペが行われ、我々が選定されました。 設計の過程で、震災などの災害時に一時的に電気や水の供給ができる、地域のセーフティハウスとしての機能を待たせること、施主が専務を務める工務店のショールーム的な使われ方ができること、といった要件が追加されています。

方位、敷地前面の道路、隣地の母屋との関係から導き出した外形を、RC外断熱とトリプルガラス樹脂サッシにより構成した、高い断熱気密性能を持った建物外皮とし、周辺環境と遮断した内部空間に熱的なバリアフリー環境を作り出したうえで、敷地内で得られる限られたエネルギーを、効率よく使いきるために、生活に必要な要素を【取り込み】、【留め】、【使う】循環を提案しました。
【取り込む】庇とルーバーで日射を制御する南面の開口や、重力換気用の北側トップライトなど、パッシブな仕組みと、電気と熱を作る同時につくる太陽光パネル、井戸水など、機器を介したものを使い分け、必要なエネルギーを取り込みます。
【留める】電力はフォークリフトに使われていたものを再生したバッテリーに蓄え、熱は蓄熱層に蓄えます。またペレットストーブの熱は室内のコンクリートに蓄熱され、温度変化を緩やかにします。
【使う】井戸水は屋根散水により建物の温度を下げ、太陽光パネルの清掃を行い、またエアコンの熱源としても用いられます。蓄熱層の熱は給湯のほか、空調機器の熱源となります。この空調機器によって、夏季に余る熱を効率よく使いきります。

意匠設計・監理:エイバンバ:番場俊宏、川福拓
設備設計:ZO設計室:布施安隆
構造設計:ASD:田畠隆志、田畑孝幸
施工:栄港建設:宮本宣仁、山田隆憲
用途:一戸建ての住宅
構造:鉄筋コンクリート構造
規模:地上2階建て
敷地面積:70.29㎡
延床面積:55.45㎡

  • mahoro1b.jpg
  • mahoro2b.jpg
  • mahoro3b.jpg
  • mahoro4b.jpg
  • mahoro5b.jpg
  • mahoro6b.jpg
  • mahoro7b.jpg
  • mahoro8b.jpg
  • mahoro9b.jpg
  • mahoro10b.jpg
  • mahoro-3大.jpg
  • mahoro-4大.jpg
  • mahoro1s.jpg
  • mahoro2s.jpg
  • mahoro3s.jpg
  • mahoro4s.jpg
  • mahoro5s.jpg
  • mahoro6s.jpg
  • mahoro7s.jpg
  • mahoro8s.jpg
  • mahoro9s.jpg
  • mahoro10s.jpg
  • mahoro-3小.jpg
  • mahoro-4小.jpg

小高町の住宅

横浜郊外の丘の上、畑と竹林、そして施主の父親が設計した住宅に囲まれた敷地に建つ住宅の計画です。
豊かな周辺環境に対して、開き、つながっていく、開放的な空間を目指しています。
また特徴として、都市インフラからの電気、ガスの供給を受けない、オフグリッドハウスとして計画しています。

敷地面積:145.02㎡
延床面積:93.60㎡


意匠:abanba
照明:LIGHT DESIGN
構造:ASD
設備:ZO設計室、東海大学高橋研究室

施工:栄港建設

  • otaka-1L.jpg
  • otaka-2L.jpg
  • otaka-3L.jpg
  • otaka-4L.jpg
  • otaka-5L.jpg
  • otaka-6L.jpg
  • otaka-7L.jpg
  • otaka-8L.jpg
  • otaka-9L.jpg
  • otaka-10L.jpg
  • otaka-11L.jpg
  • otaka-12L.jpg
  • otaka-1S.jpg
  • otaka-2S.jpg
  • otaka-3S.jpg
  • otaka-4S.jpg
  • otaka-5S.jpg
  • otaka-6S.jpg
  • otaka-7S.jpg
  • otaka-8S.jpg
  • otaka-9S.jpg
  • otaka-10S.jpg
  • otaka-11S.jpg
  • otaka-12S.jpg

小石川の集合住宅「LILIO KOISHIKAWA」

東京都文京区小石川、千川通に面した間口約5mの敷地に建つ集合住宅である。もともと同じような間口の低層建物が立ち並ぶ商店街だったのが、徐々に大規模マンションに立ち替わっていっている地域の中で、取り残されたように、長い間空き地だった小さな敷地である。
そうした敷地に、法規制の最大高さの建物を計画したことで生まれた、細長いプロポーションのファサードを、スケールの大きな格子窓のようにとらえ、周辺建物とともにストリードファサードを構成しながらも、奥行きを感じられる彫の深い表情を目指した。
1階は集合住宅のエントランスホールを敷地の一番奥に配置し、道路側には吊構造の階段を2階の店舗への専用階段として設けている。この階段と吹き抜けが、日中アーケードによって暗くなってしまいがちなエントランスに光を導くようにしている。
3階から9階は各階1住戸の集合住宅としている。約13mの住戸内の奥行きを活かすために敷地奥側に設けられた玄関から、道路側のテラスまでが見通せる廊下状のスペースを設けている。収納やキッチンは部屋内に設けず、この廊下に面して設けることで、各部屋の機能が入居者によって自由に設定でき、またキッチンを中心に各部屋をつなぐ回遊性の高い動線計画とすることで、多様な使い方ができるようにしている。

構造計画:引き抜きへの対応として、杭と併用して、ほぼ地下1層分の地中梁に囲まれた空間にバラストを充填したカウンターウエイトを設けている。また上部躯体は軽量化のために、RCラーメン構造のフレームにPCパネルをはめ込んでいる。

設備計画:一般的なマンションに見られる、室外機や給湯器に占領されて実際には使うことのできないテラスではなく、植栽を置いたりベランダ菜園をしたり、リビングと一体的に、きちんと使ってもらうことのできるテラスを目指した。そのため、あまり使われることのない、敷地奥の屋外避難階段の周辺に室外機、給湯器といった機器、PS、EPSを集約している。また屋外避難階段が、メンテナンス時の縦動線としても使うことができるようにしている。


意匠設計・監理:エイバンバ:番場俊宏、坂田旭
設備設計:株式会社設備計画:皿井寿幸、安西智哉
構造設計:ASD:田畠隆志、田畑孝幸
施工:栄港建設:渡井孝浩
   電気:英晃商事:吉田実
   給排水衛生:小堀工業:小堀政明
   鉄骨階段:日南鉄鋼
企画、監理:エムズウエスト
撮影:GEN INOUE
用途:1階:エントランス、2階:店舗、3階-9階:共同住宅
構造:鉄筋コンクリート構造
規模:地上9階建+ペントハウス
敷地面積:90.28㎡
延床面積:515.49㎡

  • koishikawa-11-2.JPG
  • koishikawa-1.JPG
  • koishikawa-2.JPG
  • koishikawa-3.JPG
  • koishikawa-4.JPG
  • koishikawa-5.JPG
  • koishikawa-6.JPG
  • koishikawa-7.JPG
  • koishikawa-8.JPG
  • koishikawa-9.JPG
  • koishikawa-10.JPG
  • koishikawa-12.JPG
  • koishikawa-11-2s.jpg
  • koishikawa-1s.jpg
  • koishikawa-2s.jpg
  • koishikawa-3s.jpg
  • koishikawa-4s.jpg
  • koishikawa-5s.jpg
  • koishikawa-6s.jpg
  • koishikawa-7s.jpg
  • koishikawa-8s.jpg
  • koishikawa-9s.jpg
  • koishikawa-10s.jpg
  • koishikawa-12s.jpg

二子玉川の動物病院

二子玉川駅のそばに建つ4階建ての動物病院の計画。敷地はタワーマンションやオフィスビルの建設が進む多摩川沿いの高層建築群と、古くからの住宅街の間にある。

クライアントはオペのスペシャリストであり、この動物病院では、地域の動物のための医療と、他の動物病院では手に負えない重症の動物のための高度医療が同時に行われることになる。そのためクライアントからは、日々進歩する医療機器の入れ替えが簡便にできるように、医療スペースへの外部からのアクセシビリティの高さと可変性、そして、今後人口が増えるこの地域において、地域の人々にとって、ペットを介したコミュニティの拠点となるような動物病院とすることが求められた。

そこで、敷地条件から導き出された建物の外形を、シンプルな4層の筒状の空間として捉え、その中に現時点で必要とされる動物病院機能を乾式の間仕切り壁と家具、建具によって構成し、前面道路側は、今後導入が予定されている大型医療機器を直接入れることができるように、搬入ステージを兼ねたバルコニーを各階に設けることで、将来の変化を柔軟に受容することのできる計画とした。
それと同時に、通常は、閉じてしまうオペ室を含めた医療スペースの一部を前面道路側に配置し、大きな開口をとることで、アクティビティが、まちの風景の一部になっていくような、開放的な動物病院となることを目指している。また、1階はセットバックすることで、前庭やバルコニー下のスペースを広くとり、ベンチや植栽が置かれ、診察の際だけでなく、散歩の途中にも立ち寄ることのできるような設えとした。

外壁は600×1800の普通型枠打放し仕上げとしており、パネルごとの微妙な色や風合いの差やスケールによって、新築でありながら、古くからの街並みにも緩やかに溶け込んでいくことを意識した。内部は、白く簡素になりがちな医療スペースの中に、アクセントとなるように、構造体である壁や梁の一部をRC現しの部分を配置している。


所在地:東京都世田谷区
用途:動物病院
敷地面積:148.77㎡
建築面積:74.19㎡
延床面積:258.90㎡
階数:地上4階
最高高さ:11.24m
構造:RC造壁式構造

地域地区:第一種住居地域
防火地域:準防火地域
道路幅員:6.0m
地  区:第二種風致地区 (東京都風致地区条例)
     世田谷区水と緑の風景軸 (風景づくり条例)
     特定公共的施設(ユニバーサル条例)

意匠:エイバンバ/番場俊宏 番場絵里香
構造:ハシゴタカ建築設計事務所/高見澤孝志
施工:株式会社栄港建設/八橋佳昭
コンサルティング:ahed/岡田雅人
撮影:GEN INOUE

  • 01.JPG
  • 02.JPG
  • 03.JPG
  • 04.JPG
  • 05.JPG
  • 06.JPG
  • 07.JPG
  • 08.JPG
  • 09.JPG
  • 10.JPG
  • 01-2.jpg
  • 02-2.jpg
  • 03-2.jpg
  • 04-2.jpg
  • 05-2.jpg
  • 06-2.jpg
  • 07-2.jpg
  • 08-2.jpg
  • 09-2.jpg
  • 10-2.jpg

高津の動物病院+住宅

敷地は駅前の雑居ビルが立ち並ぶ一角、幅員4Mの私道の突き当りにあり、四周を建物に囲まれるといった、動物病院の開業には少々不向きな条件の場所にあった。そこで施主は隣接する敷地のうち、東西北のどちらか一方が将来取得できた場合の増築計画を当初より要望している。こうした問題への回答として、機能諸室をコンパクト納めた「内側の建物」と、その外周の「立体的な路地」によって建物全体を構成することとした。「内側の建物」には、動物病院では診察室や手術室、住宅では寝室や水廻りといった、機能諸室を配置している。その周囲に唯一前面道路に面した約2Mの間口を延長して引き込んでいる。地下では動物病院の待合室、住宅部分ではワークスペースであるとともに、動線としても機能する。レンガタイルによる仕上げや、水平に連続する窓によって、半屋外的な場所として位置づけられた路地状の空間が、建て込んだ敷地において、視覚的、空気環境的なバッファーとして、また拡張空間となることで、周辺との関係と建物の機能間の関係を緩やかに作り出している。構造は、RC壁式構造を採用している、構造壁はすべて「内側の建物」に配置し、外周部の「立体的な路地」はキャンティレバーで持ち出されている。また、階段を含め、キャンティレバー部分のレベルも複数設定することで、構造的にも、将来の増築に対応できるよう配慮している。積極的に外部との関係をとらえ、また敷地外への可能性を含む計画とすることで、住まう人や動物病院の成長に合わせて、建物自体が成長していくための「きっかけ」をはらんだ密集地における新たな可能性を提案している。

所在地:神奈川県川崎市
用途:動物病院,住宅
竣工:2013.05
規模:255.88㎡
施工:栄港建設
動物病院
コンサルティング:AHED
構造:ASD
サイン:デザインコンビビア/岡野祐三

名古屋のデンタルクリニック

本プロジェクトは、サポーズデザインオフィスとの協働です

愛知県にある歯科クリニックの計画。クリニックという作業動線を重要視する必要がある空間において、我々に何が出来るのかについて考えた。

平面計画が使い手の要望から決まっていく中で、患者さんの視点から歯科クリニックを見てみると、待つ時間と診察を受ける時間があることに着目した。それは機能的な視点から導かれる平面と自由な断面の関係によって歯科について考えるということであった。我々は大きな小屋裏空間を設計することで、小屋裏が天井高のある待合や各諸室に自然光を導く役割を果たすと同時に、患者さんが診察されている時に、天井を見続けるのではなくどこまでも続いていくような風景を見る状況へと変換することを断面によって考えた。またその断面形状によって空気の流れを生み出し、夏期は上部へと排気し、冬期は暖かい空気を下層部へと引き込む装置としても機能させた。

小屋裏という一見無関係な場所を設計するということが、人のいる場所といない場所、その状況自体を再考することであり、今回の歯科での回答を見つけることにつながったようにも思う。

クリニックという制約があることが、あたかも厳しい敷地条件という制約の中に建築をつくる時のような期待感へと変換すること、つまりは我々の向き合い方を設計すること自体が、建築をつくっていく上でとても重要なことではないかと感じている。多くのルールという制約が、むしろ自由を獲得するための、きっかけとなるような、そんな思考を求め続ける事で、新しい建築の姿を今後も探し続けたいと考えている。

所在地:愛知県名古屋市
用途:歯科医院
竣工:2011.09
規模:161.68㎡
施工:長瀬組
構造:ASD/田畠隆志
設備:島津建設/島津充宏 一色麻子
什器:E&Y
歯科医院コンサルティング・サイン:エミュウ

能登の住宅

石川県七尾市に建つ2世帯住宅
杉林を背負う大きな敷地を活かし、L字型に建物を配置し、
壁ではなく、「距離」によって、緩やかに親子の世帯間を仕切っている。


所在地:石川県七尾市
用途:住居
施工:アオイ建設
構造:ASD/田畠隆志 


  • 05s.jpg