WORKS ― Product

クウキイス 

蓄光塗料を混ぜ込んだ樹脂と透明の樹脂でできたスツールは、暗闇で座ると、まるで空気椅子をしているように見えます。ほんの少しの操作で、日常の中に変化をもたらしてくれる、そんな光の使い方を提案しました。

スマートイルミネーション横浜2012において展示した作品です。
スパイラルが企画する、ランデヴープロジェクトの一環として、
蓄光塗料メーカーから材料の提供を受け、製作しました。

用途:スツール
製作:シンシ(http://www.shinshi-kk.com/)
材料提供:コドモエナジー(http://www.codomo-e.co.jp/)
プロデュース:スパイラル(http://www.spiral.co.jp/)
撮影:GEN INOUE

  • 大_MG_2678.jpg
  • 大_MG_2676.jpg
  • 大_MG_2662.jpg
  • 大_MG_2702.jpg
  • 大_MG_2703.jpg
  • 大_MG_2704.jpg
  • 小_MG_2678.jpg
  • 小_MG_2676.jpg
  • 小_MG_2662.jpg
  • 小_MG_2702.jpg
  • 小_MG_2703.jpg
  • 小_MG_2704.jpg

パーティの気配

ペットボトルの外装材などに使われているシュリンクフィルムには、熱をかけると縮み、強度が増すという特徴があります。
こうした特徴を活かして、パーティのシーンをそのまま型取り、そのシーンの気配を持った、抜け殻を作り出しました。

この展覧会は、スパイラルが企画するランデヴープロジェクトの一環として、三菱ケミカルホールディングスが扱う材料の中から、自由に材料を選び、その材料によって、「KAITEKI」を表現することが求められました。

私はこのとき、KAITEKIというのは、モノや行為そのものから生み出されるものではなく、そこにある雰囲気や気配によってつくられるのではないかと考えました。
そこで、パーティやピクニックなど、その行為が実際に行われていた場所に行き、全体にシュリンクフィルムをかぶせ、その場所の持っていた雰囲気を、そのままの形で、型取り、展示することにしました。透明なシュリンクフィルムに型取られることで、その場所が持っていた雰囲気や気配が、展覧会の会場にも陽炎のように、立ち現れることになりました。


実際にテーブルに並べた皿やグラスを型取るにあたっては、伸縮の量と、強度を計算し、それに基づく熱を与えることで、シュリンクフィルムの強度のみで自立することを実現しています。


展示期間:2011.07-

□KAITEKIのかたち展
主催 株式会社地球快適化インスティテュート
共催 株式会社三菱ケミカルホールディングス
プロデューサー 赤池学(ユニバーサルデザイン総合研究所・所長)
プロデュース 株式会社インスパイア
企画制作 スパイラル/株式会社ワコールアートセンター