WORKS ― Project

世田谷区の集合住宅

東京都世田谷区、駅から近く、閑静な住宅街の敷地に建つ集合住宅の計画です。
縦長の敷地と日影規制により導かれるボリュームと、敷地中央にエントランスを通すことにより、高さの異なる5つの棟がうまれ、それぞれの棟が寄り添うような建物です。
室内は、外部に見立てた空間に"門"をつくることで、もう一つの内部空間をつくり出す、ワンルーム住戸の計画です。

所在地:東京都世田谷区
用途:共同住宅
延床面積:540㎡
施工:未定
意匠:abanba
構造:ハシゴタカ建築設計事務所
設備:未定

  • SKR1b.jpg
  • SKR2b.jpg
  • SKR3b.jpg
  • SKR4b.jpg
  • SKR5b.jpg
  • SKR6b.jpg
  • SKR1s.jpg
  • SKR2s.jpg
  • SKR3s.jpg
  • SKR4s.jpg
  • SKR5s.jpg
  • SKR6s.jpg

バングラディシュプロジェクト

バングラディシュで社会問題になっている、一夫多妻制の弊害である路上生活をしている女性たちが、仕事を持ち、自立していくことを支援するための施設。
現地で入手しやすい、竹、日干し煉瓦を中心に、なるべく簡便に作ることができ、修理や変更もしやすい計画としています。

  • Bangladesh-1大.jpg
  • Bangladesh-2大.jpg
  • Bangladesh-1小.jpg
  • Bangladesh-2小.jpg

横浜市新市庁舎デザインコンセプトブック

  • conceptbook-1.jpg
  • conceptbook-2.jpg
  • conceptbook-3.jpg
  • conceptbook-4.jpg
  • conceptbook-5.jpg
  • conceptbook-6.jpg
  • conceptbook-1s.jpg
  • conceptbook-2s.jpg
  • conceptbook-3s.jpg
  • conceptbook-4s.jpg
  • conceptbook-5s.jpg
  • conceptbook-6s.jpg

横浜市電保存館キッズゾーン

横浜の郊外に建つ、市電保存館の拡張計画(2016年7月竣工予定)
かつて横浜の街を走っていた市電の歴史を伝える市電保存館。その機能を拡張し、より多くの人たちに活用してもらえる施設とするために、子供たちが遊びながら市電に触れることのできる、キッズゾーンが計画されました。日常子供たちが自由に遊びながら、時々施設全体を使った校外学習や、大人も交えたワークショップにも使われることから、ワンルームとしながら、欄間状の梁によって、緩やかに空間が仕切られる計画としています。特徴的な外観は、周辺の街並みのスケールに合わせに行くとともに、市電保存館の本館へも人々を導き入れる、ショーケースのような役割を果たします。

所在地:神奈川県横浜市
用途:集会所
竣工:2016.07(予定)
延床面積:220㎡
施工:未定
意匠:abanba
構造:森部康司
設備:設備計画
外構:stgk

  • 11b.jpg
  • 22b.jpg
  • 33b.jpg
  • 44b.jpg
  • 55b.jpg
  • 11s.jpg
  • 22s.jpg
  • 33s.jpg
  • 44s.jpg
  • 55s.jpg

六本木の庫裏

六本木交差点のそば、ビルのスキマを入っていった先にあるお寺の庫裏の計画です。
2017年2月竣工予定

意匠:abanba
構造:beachisidestudio
ランドスケープ:stgk


  • roppongi-1大.jpg
  • roppongi-2大.jpg
  • roppongi-3大.jpg
  • roppongi-4大.jpg
  • b1111.jpg
  • roppongi-1小.jpg
  • roppongi-2小.jpg
  • roppongi-3小.jpg
  • roppongi-4小.jpg
  • s11111.jpg